application logoapplication logoapplication logo
application logo
自分合う病院
が選べる!
無痛分娩が予約できるか、
最短即日回答
最短即日回答
依頼無料
STEP1
無料一括で無痛分娩の予約確認
STEP2
返信の中から自分で選べる
こんな方には、
無痛分娩 という選択肢も
application logo
check logo
お産の痛みを和らげたい
check logo
お産の疲労を軽くしたい
check logo
日程を決めてお産したい
※分娩に関する費用には、国の支払い制度を使用した場合、出産育児一時金(420,000)を引いた金額をお支払いいただきます。
「無痛分娩」とは?

無痛分娩ってどういう分娩方法なの?

無痛分娩の多くは硬膜外麻酔を使用して行われ、腰や背中からチューブを通して麻酔薬を注射して行う分娩方法です。

無痛分娩のメリットは?

“心臓や肺の調子が悪い妊婦さんの、呼吸の負担を和らげ、体の負担を軽くします。血圧が高めの妊婦さんの、血圧の上昇を抑えることができます。痛みを和らげることができ、産後の体力が温存できたと感じる人が多いと言われています。 ”

ソース:厚生労働省 「無痛分娩を考える妊婦さんとご家族のみなさまへ」https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000211831.pdf

どのくらいの人が、無痛分娩で出産しているの?

“年間約5万人以上の妊婦さんが硬膜外無痛分娩を行なっていると概算されています。“

ソース:(一社)日本産科麻酔学会 https://www.jsoap.com/general/painless/q19

無痛分娩のよくあるリスクって?

“赤ちゃんが産まれるまでの時間が長くなり、赤ちゃんが産まれる際、吸引や鉗子などの 器械を使う頻度が高くなります。また、陣痛を促す薬を使う頻度が高くなります。”

ソース:厚生労働省 「無痛分娩を考える妊婦さんとご家族のみなさまへ」https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000211831.pdf

無痛分娩はどこの病院でできるの?

限られた病院でしか実施しておらず、無痛分娩に関わるリスクに対応するための設備や人員を整えた病院でしか無痛分娩を受けることはできません。

無痛分娩が可能な病院一覧
※分娩数:病院のホームページ、JALA無痛分娩関係学会・団体連絡協議会施設情報ページ、厚生労働省のウェブサイトに掲載を希望した無痛分娩取扱施設の一覧を参照。
※ 無痛分娩の費用:病院のホームページ確認および電話確認により弊社作成。病院によって、個室費用・お食事代・出生証明書・新生児検査料などの料金は含まれていない場合があります。詳細はお問い合わせください。